え?!増税するのにクレジットカード持ってないの?大損する3つの理由を徹底解説!

Uncategorized

 

2019年、令和元年・・・

10月、恐ろしい増税が決定したのはご存じでしょうか・・・?

 

うさ2
うさ2

くそぉ、こちとら給料は上がらねぇーのに増税増税ってたまったもんじゃねーぜ

 

うさ1
うさ1

国は一体何を考えてやがるんだ?!国民を不幸のどん底においやりたいのか?

そう、2019年10月に増税します、

8%⇒10%に( ;∀;)

 

もう泣いてもあがいても増税することは決定しています、どうしようもありません。

だとしてもお給料は上がらない、時間もない、どんどん貧しくなっていってしまう私たち・・・。

 

ですが、その増税の損失を実はクレジットカードでカバーできることはご存じでしょうか?

 

まさか、知らないなんて人はいませんよね。

うさ2
うさ2

まさかねぇ。

 

ということでまさかとは思いますがまだ知らないという人に徹底解説!

増税分を損しない魔法の方法を今ここで徹底解説いたします。

クレジットカードを持っておくと増税分を損しない仕組みとは??

単刀直入に言うと、クレジットカードで決済をすると増税分に相当するお金がそのままポイントとして還元される仕組みとなります。

クレジットカードのポイントに増税分が還元される仕組み

出典:キャッシュレス・消費者還元事業 (ポイント還元事業)の概要(PDF) | キャッシュレス消費者還元事業

上記の図が表しているように、

  • 「キャッシュレス・消費者還元事業者」としての登録が済んでいるお店を探す
  • そこでクレジットカードでお買い物をする
  • 2%~5%分(増税分)の金額をポイントとして還元

 

うさ2
うさ2

つまり、国がクレジットカードの会社に補助金を出し、その分がポイントとなり、カードで買い物をした人に還元されるというわけなんだ!

 

 

うさ1
うさ1

もちろん、国がクレジットカード会社に出す補助金は、言わずもがな国民の税金に他なりません。

カードで買い物をしてポイントをもらわないと税金の払い損ということになりますね。

 

ポイント還元については、まだどのお店が何%という正式発表はありませんが暫定で以下のようになります。

  • 中小小売り・飲食・宿⇒5%還元
  • コンビニ・外食・ガソリンスタンドなど大手系列⇒2%還元
  • 病院や住宅費用⇒還元0%

ということで、病院などはさすがに除外とはなりますが、生活で必須な飲食・ガソリンなどほとんどで還元の対象となることはお分かりいただけたでしょうか。

 

つまり、今後はなるべくクレジットカードで決済をしないと、

「せっかく払った税金の恩恵を受けられなくなる!」

ということとなるのです。

クレジットカードのポイントはポイントと言えど、れっきとしたお金として使うことができます

貯めておけば生活に必要なものをアレコレと購入することができますのでポイントを貯める癖をつけておいたほうがいいでしょう。

 

増税後は、このようにポイント還元にて損失を無くすことが可能となります。

ですが、いまだに間違った増税対策をしてしまう人が後を絶ちません。

あなたはこんなことをしてしまっていませんか?

どのようなカードがいいのか?の前に間違った増税対策について解説をします。

増税前にやってはいけないこと3つ

では、増税前にやってはいけないことをここで挙げていきます。

ついつい流されてしまって起こしてしまいがちな行動パターンです。

まとめ買い

うさ2
うさ2

もうすぐ増税するから今週はトイレットペーパーを30袋買って、洗剤を100袋買うぞー!

ツインうさ
ツインうさ

えーそんなに買うの・・・?

【増税前の大セール】と称してあらゆるお店が増税前に日用品などのちょっとしたセールをはじめます。

ですが、それほんとに必要ですか・・・?

 

うさ2
うさ2

トイレットペーパーならたくさん買ったからいつもは3巻きしか使ってないけど10巻き使っちゃおう!

と、たくさんあったらあったで無駄遣いしてしまうことってありますよね・・・。

結局お金と一緒で、日用品もあればあるだけジャブジャブと使ってしまう習慣になってしまいがちに。

増税前のセールなんてそこまで大して安くないので逆に損してしまいます・・・。

 

必要なものは必要な分だけストックしておくのが一番。

あまり増税前のセールに惑わされるのはやめましょう。

 

結局、増税後にもまたセールはやりますからね。

ツインうさ
ツインうさ

こんなに買ってどうするの?家が狭くなっちゃうよー!

と、ちょっとストレスになるかもしれませんよ。

不必要な家電や家具を買う

うさ2
うさ2

そういえば、冷蔵庫前から買い替えようって話してたよねー増税前に買ってしまうか。

うさ1
うさ1

新しいオーディオが欲しいんだけど増税前に奮発して買ってしまうか!

と、増税することによって期限が出来てしまい、そこまで急ぎじゃないものまで買おうとしてしまいませんか?

冷蔵庫などは必須アイテムなので調子が悪かったりすれば買うのもアリですが、まだ買うのか買わないのか決断をしていなかったものを増税の勢いで買ってしまうのはちょっと違いますよね。

 

家電などは高価で、一生のうちにそう何度も買い替えるものではありません。

そのため、確実に欲しいと思ったタイミングや欲しいものをよく吟味してから決めた方がいいですよ。

増税後も結局、ポイント還元などは行うでしょうから、結果的に大して値段は変わらなかったりします。

増税商法に流されないこと

増税前後になると、マスコミが消費者に増税の不安をあおるような報道をいっせいに始めます。

そして、私たち消費者は不安にさせられ、無駄な買い物をしたり、増税後に買い控えをするような極端な行動へ出てしまうのです。

 

ですが、増税したって人生は、生活は、これからも続いていくわけで、増税の前に必死にもがいてもどうしようもありません。

政治家をディスったところで、不平不満を言ったところで、どうにもなりません。

 

すべきことは、いかに流されずにかしこく生活を続けていくかということ。

消費は生きている限り、一生続いていくものなので、その時だけ焦ってどうにかしようとしてもどうしようもないのです。

カードもそうですが、ポイント還元などよく考えてうまく、かしこい買い物をするようになればむしろ増税前よりもお得になるかもしれません。

 

増税だ、大変だ、と、感情的にならずに、少しでも消費者としてかしこくなっていくことが大切ですよ。

増税対策にオススメのクレジットカードとは?

ということで、増税までにクレジットカードを持っていないと、普段払っている税金の恩恵を受けられないということは理解していただけたでしょうか。

 

うさ2
うさ2

今後、現金主義のままでいると、どんどん損をする仕組みとなってしまうよ

うさ1
うさ1

ポイントを貯めて増税分を取り戻そう

そして、増税に伴ってクレジットカードが欲しい場合、なんでもいいわけではありません。

というのもクレジットカードというのは各社によって入会金・年会費・ポイント還元率が異なるから。

誰だって一番お得なカードが欲しいところですよね。

 

そこで一番特になるクレジットカードを調べてみたところ・・・

 

  • 年会費・入会金がいっさい無料
  • 審査が甘い
  • ポイント還元率が高い

 

という三拍子がそろっているカードは楽天カード一択です。

筆者の私も、楽天カードは約10年前ぐらいからお世話になっている唯一無二のカード。

他の駅ビルのカードも作ってみたりしましたが、なんやかんやで一番還元率が高いから結局楽天カードばっかり使ってしまうんですよね。

 

ちなみに日経新聞が報じた内容を引用しますと、

クレジットカード業界の勢力図が変わりつつある。楽天グループのカード会社、楽天カードの2017年4~9月期の取扱高は約3兆円に達し、三菱UFJニコスなど銀行系を抜き、自社発行ベースで初めて首位に立ったもようだ。

楽天カードは日本国内で一番保有率の高いクレジットカードということになりますね。

 

なぜここまで楽天カード推しが多いのかというと、どこで使っても1%の還元率というところ。

つまり増税後はこの1%にさらに2%~5%が上乗せされる仕組みとなります。

 

例えば、駅ビルのクレジットカードなんかは、その駅ビル内で買い物をすれば2%・3%とポイントがついたり、年に数回洋服が10%オフになったりしてお得です。

 

ですが、1年中洋服を買ったり駅ビルばかり利用するわけではないですよね。

 

  • 食料品はスーパーで買う
  • 本はAmazonで買う
  • 洋服はユニクロでも買うし、ブランド品も買う
  • 家電はニトリで買う
  • ガソリンはガソリンスタンドで入れる

 

という風に、消費は一点集中することって実はあんまりないんですよね。

 

そんなときに便利な楽天カードはどこで買い物をしてもかならず1%の還元があるということ。

普通の駅ビルのクレジットカードだと、駅ビル以外で買い物をすれば0.5%還元などぶっちゃけ還元率がかなりしょぼくなってしまうんです。

 

いろんなところで消費をするんだから、どこでもポイントは多く還元されたほうがいいですよね。

 

また、楽天カードだとスーパーやユニクロなど楽天と無関係なところで1%還元、

楽天市場内だと2%3%や、楽天のセールの時には10%などお得にポイントがついたりすることがあります。

ですので、あらゆる場面で消費を分散している方(多分、ほとんどの方が当てはまると思います)は楽天カードが一番お得といえるでしょう。

 

そして、なぜ楽天カードがいいのかというと、楽天ポイントがたまったときに楽天内で欲しい物を購入することができるからです。

通常のスーパーや駅ビルなどのクレジットカードは溜まったポイントをそのお店でしか利用できません。

ですが、楽天カードの場合、楽天市場内のお店ならどこでも使用することが可能なんです。

 

  • 食料品を買いたい
  • 家電製品を買いたい
  • 洋服を買いたい
  • ペット用品を買いたい
  • 旅行を申し込みたい

などなど、楽天市場ならなんでもそろっていますので、ポイントを使うときに困ることがないんです。

写真=貯まった楽天ポイントを見てほくそ笑むうさぎ

 

普段から食品や日用品の買い物をカード決済する癖をつけておけば、あとは勝手にポイントがどんどんたまっていきます。

今まで購入したのは掃除機や任天堂スウィッチのソフトやブランドの洋服などなど。

欲しいと思ったものは99%楽天に揃ってますのでポイントの有効活用になります。

コツコツ貯めておいて、テレビやパソコンなどの大物家電をいっきに買うのもいいですね。

 

そして、更に今、楽天カードに初回入会すると合計で5000円ポイントを進呈してくれるサービスもあります。

年会費、入会金もかからずに、ほんとうに5000円を無料でもらえるので嬉しいですよね

楽天内で好きなものを5000円分変えちゃいますので結構ワクワクします。

 

よくよく考えたら無料で申し込むだけで5000円タダでもらえるってことだからすごいですよね・・。

普通のクレジットカードで5000円もくれるところってなかなかありませんからね!

 

楽天市場で5000円で好きなものを買ってしまいましょう!

 

うさ2
うさ2

肉が食いたい・・・。

楽天カード新規入会キャンペーン

▲5000円ポイントもらいたい方は上記のバナーをクリックで手続きできます

 

終わりに

増税をクレジットカードで対策する方法を解説させてもらいました!

うさ1
うさ1

最後に重要な点をおさらいしましょう

  • 増税後は、国がカード会社に税金を使って還元をするため、クレジットカードで買い物しなければ損してしまうことになります
  • どこのお店が何%かの詳細は今後あきらかになります
  • 一般的に一番得するカードは楽天カードです
  • 審査が甘いので主婦や学生でも通りやすいです
  • 新規入会すれば5000円のポイントが無料でもらえます

 

ということで、このクレジットカードを使えば、増税分の負担は実質無しで今後も生活することができます。

増税前にあわてて、まとめ買いや衝動買いをしないように気を付けましょう。

 

消費とは一生続くものです。

増税は消費者からすれば憤りを感じますが、決まったことはどうにもならない。

それならば、まわりに流されて慌てないように対策をしっかり考えておけば大丈夫なんです。

ここまで読んで賢いあなたならこの時代もうまく生きていけますよ!

 

▼楽天クレジットカードの詳細は下記からどうぞ

楽天カード新規入会キャンペーン

 

 

ツインうさ
ツインうさ

増税分をポイントで取り戻して損失をなくしましょう

 

うさ1
うさ1
今回の記事はいかがでしたか?当ブログでは可愛いぬいぐるみ情報をほぼ毎日更新中!ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。

>>トップページに戻る 

コメント