鬼滅の刃って実は女性向け!?女性ウケしている理由を女性目線で解説してみるよ!

鬼滅の刃

 

鬼滅の刃って原作は少年ジャンプだろ?なんで最近女のファンがしゃしゃり出てきてるワケ?

鬼滅の刃って男子向けアニメっぽいけど女子が観ても楽しめる?流行ってるし話題についていきたいからちょっと興味はあるなぁ。

 

というふうに、鬼滅の刃×女性って一体どうなん?!

と、モヤーっと思っている方は多いのではないでしょうか?

 

アニメなんてジェンダーレスとして扱えばいいとは思うものの、やっぱりどんな作品でも男性を意識しているとか女性を意識しているなど感じるものはありますよね。

 

 

筆者はアニメとかまったく興味がなく、直近で見たアニメは「サザエさん」と答えるぐらいに無頓着。

そんな私が女性目線で鬼滅の刃のアニメ・映画を一通り見て率直に思ったことをそのまま言語化すると

 

『あぁ~~なるほどなぁ~

確かに男子向けではあるけれど、女性でも楽しめるかな。』

 

ということ。

 

では、なぜこのように思ったのか、そしてどのようなポイントが女性でも楽しめると感じたのか、女性目線で語ってみましょう。

 

鬼滅の刃の女性人気について腑に落ちない方や、最近ハマりはじめた女性に是非読んで納得していただきたいです(∩´∀`)∩

うさこ
うさこ

「無限列車編」Blu-ray予約受付中! 

「鬼滅の刃」は元々男子向けの作品

 

鬼滅の刃の作品は原作が「少年ジャンプ」で掲載されたことがはじまりでした。

 

少年だから当然、男の子向けであることは分かります。

 

 

ただ、ポイントは2020年にアニメ、映画が公開されたという点

 

この年は、コロナ禍も手伝って、本来なら女性がいつも楽しんでいるような、

ディズニーランド・ファッション・スイーツの食べ歩き・好きなアーティストのライブなどなどすべてがなくなってしまいました。

代わりに自宅で楽しめることのひとつとして注目を集めたネット配信(アマプラやHuluなど)からじわじわ来ていた鬼滅の刃のに注目する人が増えたのが一因と言えるでしょう。

 

また緊急事態宣言が解除されたあとも映画館なら割と気軽に行けたので、他の楽しみを鬼滅に取って代わったということですね。

 

なので、もし2020年がコロナ禍じゃなかったら鬼滅の刃はここまで流行っていたのかは分からないですよね!

 

ですがいくらコロナ禍とは言え、ここまで流行するというのも予想外のものだったのではないでしょうか。

実際に作品を視聴してみて流行ったポイントなどを解説いたします。

 

なぜ女性ウケする?鬼滅の刃6つのポイント解説!

 

ではここからは何故鬼滅の刃はここまで女性にウケているのか?

スマホの普及で動画視聴者が増えた、コロナ禍が手伝ったなどは、男女共通の社会的な要因ですが、女性ならではの視点で楽しめると思ったポイントはこちらにて解説します。

あなたはこれらに納得がいきますか?

 

流行っているという事実

まずこれを言ったらおしまいですが、女性は流行っているものが好きです。

 

なぜかというと女性は、男性と違い情報共有をすることに重きを置いているから。

「この間いった〇〇駅のスイーツ美味しかったよ~」とおしゃべりをしたりSNSなどに投稿することが好き。

友人や多くの人がいいと言っているものをすんなり受け入れて、取り込んでまた他の人に共有してあげる…これは子育てをするために情報連携を必要とする女性の本能ですね。

 

男性だったら共有というよりは「俺が一番うまいラーメン屋を知っている!」と競い合ったりするのです。

が、女性はみんなで仲良く共存しあう性質のため、流行っているという事実があればどんどん勝手に口コミで広がっていくというところはありますね。

みんな鬼滅の刃が好きだから私も好き!みたいな感じで協調性があったり平和主義だったりするのは女性の大きな特徴のうちのひとつですよね。

女性ウケする男性キャラクター

鬼滅の刃で登場する男子キャラは女性ウケをするキャラが多いです。

なんというか、優しそうで受け入れてくれそうな性格?のキャラが多いんです。

このストレス社会で自分を受け入れてくれそうな男が現れれば癒しを求めてしまうのは至極当然ですよね。

 

かと思えば、累(ルイ)や鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)のような見た目は美しく中身は影のあるようなキャラもいたりする。

 

女性の好きな男性のタイプってだいたいは優しい男性だったり、ちょっと悪な男だったりしません?

 

このポイントを押さえているため、ストーリーというよりもキャラにのめり込む女性も一定数いるのでしょう。

うさこ
うさこ

言い換えれば、毒にも薬にもならない男はモテないってことだよ

うさちゃん
うさちゃん

みんな気を付けようー

単純なストーリーで分かりやすい

鬼滅の刃でいいところは、ストーリーが単純で分かりやすいという点ですね。

近頃の、男性向けアニメは話の内容が複雑だったり、アニメからあふれ出る「気」みたいなので感じ取る必要があったりするのですが、鬼滅の刃はキャラがその時の「気」をご丁寧にセリフで解説してくれるのでこれがまた分かりやすいんですよね。

 

まぁこれが理屈ぽくて嫌って思う人もいるかもですが、分かりやすくすることで見る人が増えるのなら制作側の本望でしょうね。

 

またストーリーも鬼をやっつけていくという一直線なところが明確で分かりやすい。

 

良いか悪いかはおいておいて、あまり考えなくてもいいというのは、スマホ中毒が多いこの現代人の脳の使い方には合っているのでしょうね。

女性でも安心してみることができる

これは女性である筆者が個人的に思ったのですが、何故か鬼滅の刃って安心して見れるんですよね。(笑)

あれだけ惨殺なシーンがあるにも関わらず、安心して観れるのは、現実の世界に近しい暴力的なシーンがないことが要因かと思います。

 

刀で首を切ったりするのはあくまでも演出・アクションと認識することができるので、何故か女性でも引いたりしないんですよね。

 

逆にリアルな殴り合いなど暴力的なシーンがある少年漫画だと女性は観なくなってしまいます。

車でスピード出して競い合うとか、女性に暴言を吐きまくるとか、この手の描写があれば女性は一斉に引いていきます。

女性は安心感を常に求めていますので、これも鬼滅が女性の性質にマッチしている理由のうちのひとつでしょう。

キャラの衣装が凝ってて可愛い=売れるグッズとリンク

最近ではアニメイトなどでアニメのグッズが発売されることが多いですが、デザイン性はとても重要です。

鬼滅の刃の場合は、登場人物が多く色とりどりのコスチュームがありますので、なんだか観ていて楽しいし、たくさんあるので好きな模様が必ず見つかったりします。

推しメンの衣装のデザインが素敵だとグッズを使うのも楽しくなりますし、そうしますと更にグッズを集めたくなって、ますますアニメにのめり込んでいくことになります。

小物などが好きな女性にはこの辺は嬉しいポイントかと思います。

↓例えばこんな感じでよくグッズが出ていますよ

Lisaの楽曲が良かった

あとは、大切なのが楽曲ですね。

Lisaが唄うオープニングの「紅蓮華(ぐれんか)」や映画の「炎(ほむら)」などはわりと名曲ですので、これを聴いて気になった方もいるのではないでしょうか。

LiSA – 紅蓮華 / THE FIRST TAKE

ゆっくりめなのでカラオケでも歌いやすいですし、女性が好きな感じの曲だと思います。

うさこ
うさこ

紅白もよかったよね!

女性が鬼滅の刃をこれから楽しむには?!

女性でも鬼滅の刃を楽しむためにまだ右も左も分からないという方におすすめの方法です

おおよそ以下のような手順で構わないかなぁと思います。

 

  1. アマプラで全26話を見てみる
  2. 「無限列車編」を見てみる
  3. 推しメンを見つけて楽しんでみる
  4. 漫画を全巻読破する!

 

毀滅はまず、アニメ1期26話(各25分程度)をみないとストーリーがつかめないのです。

まずこの26話を見て、そして次に映画「無限列車編」を見ると完全に「鬼滅の刃見たよ!」と堂々と言えるレベルに。

 

その次に推しメンやコラボグッズなどを見つけてどんどんのめり込み、更には漫画を全巻読破して最終回まで内容を知っていくという流れです。

 

ここまでいけば立派な鬼滅の刃ファンを名乗ることができます。

 

とりあえず、まずはアニメ+映画を観てみると世の中の鬼滅の刃ブームに後れを取らないでしょう(∩´∀`)∩

 

 

女だって男だって、みんな楽しめばいいじゃない(おわりに)

鬼滅の刃の女性ウケするポイントを女性視点で語ってみましたがどうでしたか?

 

  • 女性が受け入れやすいキャラやストーリー
  • 流行りが連鎖している
  • 音楽やグッズまでオシャレ

ということで、総じて鬼滅の刃は安心感とお楽しみポイントが多いということが女性人気がある秘訣かなぁと思いました。

 

楽しいことがあれば共有したくなるのは女性の性(サガ)!

鬼滅の刃が人気になるのは必然だったのかもしれませんね。

 

また確かに少年向けではあるけれど、アニメに関しては男も女も、そして国も国籍も関係なく楽しめる娯楽なんです。

気にせずにおもしろいと思ったものは楽しんでいけばいいのではと思います!

 

是非まだ鬼滅の刃を知らない人はこれを機会に鬼滅の世界にどっぷりハマってみませんか(∩´∀`)∩

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました